ザ・チャーターハウス コーズウェイベイ
209 - 219 ワンチャイロード、香港      電話番号: (852) 2833 5566     Eメール: info@charterhouse.com
facebook weibo twitter

トラベルガイド

観光情報

トラベルガイド

Wednesday,Oct 01,2014

  • High:

    77°F /25°C

  • Low:

    56°F /13°C

Thursday,Oct 02,2014

  • High:

    72°F /22°C

  • Low:

    63°F /17°C

Friday,Oct 03,2014

  • High:

    77°F /25°C

  • Low:

    67°F /19°C

Saturday,Oct 04,2014

  • High:

    77°F /25°C

  • Low:

    70°F /21°C

観光名所    
文化
公園
娯楽
ショッピング
Trade Fairs
Golden Bauhinia Square
金紫荊広場
金紫荊広場は香港コンベンション&エキシビジョンセンターの北側に位置しており、香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたバウヒニアの花(紫荊花)の像が置かれています。
車で5分
The Peak
ザ・ピーク
ピークトラムは1888年にピークに住むイギリス人のために作られたという歴史の古いケーブルカーですが、距離にして約1.4キロ、標高差373メートル(約1200フィート)を約10分ほどで繋いでいます。山を登っていく急勾配の斜度がかなり険しく、体感してみないとわからない乗り心地が堪能できます!
車で10分(セントラルからのピークトラムを利用)
Flagstaff House Museum of Tea Ware
茶具文物館
1846年に建設され、元々はイギリス軍総司令官邸として使用されていましたが。現在は香港のもっとも古い西洋式建築物です。この白く、美しい建物は歴史的建造物として保護されています。香港のコレクターであるDr. K.S.Loが個人コレクションだった華麗な東洋の茶具を政府に寄贈したため、茶具文物館が誕生しました。
車で10分
Dried Seafood Street
海味街
上環にある海味街(徳輔道西)と薬材街(高陞街)では香港独特の体験ができます。この上環西エリアでは、ずらりと並んだ魅力的な乾燥海産物や漢方薬を、独特な香りと共に楽しむことができます。
車で12分
Government House
香港礼賓府(ガバメントハウス)
ミッドレベルに位置し、1851年から1855年に建設された長い歴史を持つ香港礼賓府(ガバメントハウス)。香港の行政長官の執務室がある建物です。香港がイギリス植民地であった時代から今に至るまで、海外からの重要なお客様の宿泊施設として、また、国の式典などにも使われる建物です。敷地内には、つつじやシャクナゲなど様々な種類の植物が育てられており、年に数回一般開放もされています。
車で8分
Noon Day Gun
ヌーン・デイ・ガン
コーズウェイベイの海沿いにあるヌーン・デイ・ガンは ノエル・カワードの“Mad Dogs and Englishmen”という歌で有名です。毎日正午に大砲は発射されます。ジャーディン・マイセン商会の社長が港に戻ってきた際、祝砲を撃つのが伝統となっていましたが、ある日英国海軍将官がこの伝統を知らず、罰則として香港の時砲として正午に打つように命令したというのが始まりと言われています。
車で5分
HSBC Main Building
香港上海銀行・香港本店ビル
香港本店ビルは高層ビルとしては初めて吊り構造を採用した建物です。イギリスの建築家、ノーマン・フォスターによって設計されたハイテク建築である香港本店ビルは、驚くべき近代建築デザインが取り入れられています。この建物は世界的に見ても莫大な建設費が投入されているビルで、10億USドル近くがかかっています。紙幣にも描かれている1935年にビルの正門に置かれた一対の銅製の獅子像は幸運をもたらすと言われています。
車で10分
Hong Kong Central Library
香港中央図書館
2001年5月から香港中央図書館は香港で最大の図書館となりました。コーズウェイベイに位置し、12階建てで様々な設備やサービスを提供しています。観光客に有名な観光地の一つです。
車で10分
The Legislative Council Building
香港立法會大樓
セントラルで1912年に完成した香港立法會大樓は1984年に歴史的建造物とされ、現在使用されているものに改築された1985年までは最高裁判所として使用されていました。建物の最高の特色は屋根の中心にある三角形の部分にたたずむ目隠しをし、右手に公正を表す天秤、左手に権力を表す剣を持ったテミス像です。
車で10分
St. John's Cathedral
セント・ジョンズ教会
キリスト教は香港人の生活にとって、いつも重要な役割を持っています。セント・ジョンズ教会は現在香港で残っている西洋建築で一番古い建築物であり、英国国教会の教会としては東アジアで最古のものと考えられています。13世紀のイギリスのゴシック式建築を模し、1849年に完成しました。
車で10分
Tin Hau Temple
天后廟(ティンハウミュウ)
この寺院は18世紀初期頃、Tai一家によって建設されました。彼らはコーズウェイベイに草を集めに行った際、海岸で観音像を見つけました。そこで、その像のための囲いを建てた所、人気が出たため、地元住民の寄付により、寺院へと建て替えられました。
車で10分

 

Golden Bauhinia Square
金紫荊広場
金紫荊広場は香港コンベンション&エキシビジョンセンターの北側に位置しており、香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたバウヒニアの花(紫荊花)の像が置かれています。
車で5分
The Peak
ザ・ピーク
ピークトラムは1888年にピークに住むイギリス人のために作られたという歴史の古いケーブルカーですが、距離にして約1.4キロ、標高差373メートル(約1200フィート)を約10分ほどで繋いでいます。山を登っていく急勾配の斜度がかなり険しく、体感してみないとわからない乗り心地が堪能できます!
車で10分(セントラルからのピークトラムを利用)
Flagstaff House Museum of Tea Ware
茶具文物館
1846年に建設され、元々はイギリス軍総司令官邸として使用されていましたが。現在は香港のもっとも古い西洋式建築物です。この白く、美しい建物は歴史的建造物として保護されています。香港のコレクターであるDr. K.S.Loが個人コレクションだった華麗な東洋の茶具を政府に寄贈したため、茶具文物館が誕生しました。
車で10分
Dried Seafood Street
海味街
上環にある海味街(徳輔道西)と薬材街(高陞街)では香港独特の体験ができます。この上環西エリアでは、ずらりと並んだ魅力的な乾燥海産物や漢方薬を、独特な香りと共に楽しむことができます。
車で12分
Government House
香港礼賓府(ガバメントハウス)
ミッドレベルに位置し、1851年から1855年に建設された長い歴史を持つ香港礼賓府(ガバメントハウス)。香港の行政長官の執務室がある建物です。香港がイギリス植民地であった時代から今に至るまで、海外からの重要なお客様の宿泊施設として、また、国の式典などにも使われる建物です。敷地内には、つつじやシャクナゲなど様々な種類の植物が育てられており、年に数回一般開放もされています。
車で8分
Noon Day Gun
ヌーン・デイ・ガン
コーズウェイベイの海沿いにあるヌーン・デイ・ガンは ノエル・カワードの“Mad Dogs and Englishmen”という歌で有名です。毎日正午に大砲は発射されます。ジャーディン・マイセン商会の社長が港に戻ってきた際、祝砲を撃つのが伝統となっていましたが、ある日英国海軍将官がこの伝統を知らず、罰則として香港の時砲として正午に打つように命令したというのが始まりと言われています。
車で5分
HSBC Main Building
香港上海銀行・香港本店ビル
香港本店ビルは高層ビルとしては初めて吊り構造を採用した建物です。イギリスの建築家、ノーマン・フォスターによって設計されたハイテク建築である香港本店ビルは、驚くべき近代建築デザインが取り入れられています。この建物は世界的に見ても莫大な建設費が投入されているビルで、10億USドル近くがかかっています。紙幣にも描かれている1935年にビルの正門に置かれた一対の銅製の獅子像は幸運をもたらすと言われています。
車で10分
Hong Kong Central Library
香港中央図書館
2001年5月から香港中央図書館は香港で最大の図書館となりました。コーズウェイベイに位置し、12階建てで様々な設備やサービスを提供しています。観光客に有名な観光地の一つです。
車で10分
The Legislative Council Building
香港立法會大樓
セントラルで1912年に完成した香港立法會大樓は1984年に歴史的建造物とされ、現在使用されているものに改築された1985年までは最高裁判所として使用されていました。建物の最高の特色は屋根の中心にある三角形の部分にたたずむ目隠しをし、右手に公正を表す天秤、左手に権力を表す剣を持ったテミス像です。
車で10分
St. John's Cathedral
セント・ジョンズ教会
キリスト教は香港人の生活にとって、いつも重要な役割を持っています。セント・ジョンズ教会は現在香港で残っている西洋建築で一番古い建築物であり、英国国教会の教会としては東アジアで最古のものと考えられています。13世紀のイギリスのゴシック式建築を模し、1849年に完成しました。
車で10分
Tin Hau Temple
天后廟(ティンハウミュウ)
この寺院は18世紀初期頃、Tai一家によって建設されました。彼らはコーズウェイベイに草を集めに行った際、海岸で観音像を見つけました。そこで、その像のための囲いを建てた所、人気が出たため、地元住民の寄付により、寺院へと建て替えられました。
車で10分

 

Golden Bauhinia Square
金紫荊広場
金紫荊広場は香港コンベンション&エキシビジョンセンターの北側に位置しており、香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたバウヒニアの花(紫荊花)の像が置かれています。
車で5分
The Peak
ザ・ピーク
ピークトラムは1888年にピークに住むイギリス人のために作られたという歴史の古いケーブルカーですが、距離にして約1.4キロ、標高差373メートル(約1200フィート)を約10分ほどで繋いでいます。山を登っていく急勾配の斜度がかなり険しく、体感してみないとわからない乗り心地が堪能できます!
車で10分(セントラルからのピークトラムを利用)
Flagstaff House Museum of Tea Ware
茶具文物館
1846年に建設され、元々はイギリス軍総司令官邸として使用されていましたが。現在は香港のもっとも古い西洋式建築物です。この白く、美しい建物は歴史的建造物として保護されています。香港のコレクターであるDr. K.S.Loが個人コレクションだった華麗な東洋の茶具を政府に寄贈したため、茶具文物館が誕生しました。
車で10分
Dried Seafood Street
海味街
上環にある海味街(徳輔道西)と薬材街(高陞街)では香港独特の体験ができます。この上環西エリアでは、ずらりと並んだ魅力的な乾燥海産物や漢方薬を、独特な香りと共に楽しむことができます。
車で12分
Government House
香港礼賓府(ガバメントハウス)
ミッドレベルに位置し、1851年から1855年に建設された長い歴史を持つ香港礼賓府(ガバメントハウス)。香港の行政長官の執務室がある建物です。香港がイギリス植民地であった時代から今に至るまで、海外からの重要なお客様の宿泊施設として、また、国の式典などにも使われる建物です。敷地内には、つつじやシャクナゲなど様々な種類の植物が育てられており、年に数回一般開放もされています。
車で8分
Noon Day Gun
ヌーン・デイ・ガン
コーズウェイベイの海沿いにあるヌーン・デイ・ガンは ノエル・カワードの“Mad Dogs and Englishmen”という歌で有名です。毎日正午に大砲は発射されます。ジャーディン・マイセン商会の社長が港に戻ってきた際、祝砲を撃つのが伝統となっていましたが、ある日英国海軍将官がこの伝統を知らず、罰則として香港の時砲として正午に打つように命令したというのが始まりと言われています。
車で5分
HSBC Main Building
香港上海銀行・香港本店ビル
香港本店ビルは高層ビルとしては初めて吊り構造を採用した建物です。イギリスの建築家、ノーマン・フォスターによって設計されたハイテク建築である香港本店ビルは、驚くべき近代建築デザインが取り入れられています。この建物は世界的に見ても莫大な建設費が投入されているビルで、10億USドル近くがかかっています。紙幣にも描かれている1935年にビルの正門に置かれた一対の銅製の獅子像は幸運をもたらすと言われています。
車で10分
Hong Kong Central Library
香港中央図書館
2001年5月から香港中央図書館は香港で最大の図書館となりました。コーズウェイベイに位置し、12階建てで様々な設備やサービスを提供しています。観光客に有名な観光地の一つです。
車で10分
The Legislative Council Building
香港立法會大樓
セントラルで1912年に完成した香港立法會大樓は1984年に歴史的建造物とされ、現在使用されているものに改築された1985年までは最高裁判所として使用されていました。建物の最高の特色は屋根の中心にある三角形の部分にたたずむ目隠しをし、右手に公正を表す天秤、左手に権力を表す剣を持ったテミス像です。
車で10分
St. John's Cathedral
セント・ジョンズ教会
キリスト教は香港人の生活にとって、いつも重要な役割を持っています。セント・ジョンズ教会は現在香港で残っている西洋建築で一番古い建築物であり、英国国教会の教会としては東アジアで最古のものと考えられています。13世紀のイギリスのゴシック式建築を模し、1849年に完成しました。
車で10分
Tin Hau Temple
天后廟(ティンハウミュウ)
この寺院は18世紀初期頃、Tai一家によって建設されました。彼らはコーズウェイベイに草を集めに行った際、海岸で観音像を見つけました。そこで、その像のための囲いを建てた所、人気が出たため、地元住民の寄付により、寺院へと建て替えられました。
車で10分

 

Golden Bauhinia Square
金紫荊広場
金紫荊広場は香港コンベンション&エキシビジョンセンターの北側に位置しており、香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたバウヒニアの花(紫荊花)の像が置かれています。
車で5分
The Peak
ザ・ピーク
ピークトラムは1888年にピークに住むイギリス人のために作られたという歴史の古いケーブルカーですが、距離にして約1.4キロ、標高差373メートル(約1200フィート)を約10分ほどで繋いでいます。山を登っていく急勾配の斜度がかなり険しく、体感してみないとわからない乗り心地が堪能できます!
車で10分(セントラルからのピークトラムを利用)
Flagstaff House Museum of Tea Ware
茶具文物館
1846年に建設され、元々はイギリス軍総司令官邸として使用されていましたが。現在は香港のもっとも古い西洋式建築物です。この白く、美しい建物は歴史的建造物として保護されています。香港のコレクターであるDr. K.S.Loが個人コレクションだった華麗な東洋の茶具を政府に寄贈したため、茶具文物館が誕生しました。
車で10分
Dried Seafood Street
海味街
上環にある海味街(徳輔道西)と薬材街(高陞街)では香港独特の体験ができます。この上環西エリアでは、ずらりと並んだ魅力的な乾燥海産物や漢方薬を、独特な香りと共に楽しむことができます。
車で12分
Government House
香港礼賓府(ガバメントハウス)
ミッドレベルに位置し、1851年から1855年に建設された長い歴史を持つ香港礼賓府(ガバメントハウス)。香港の行政長官の執務室がある建物です。香港がイギリス植民地であった時代から今に至るまで、海外からの重要なお客様の宿泊施設として、また、国の式典などにも使われる建物です。敷地内には、つつじやシャクナゲなど様々な種類の植物が育てられており、年に数回一般開放もされています。
車で8分
Noon Day Gun
ヌーン・デイ・ガン
コーズウェイベイの海沿いにあるヌーン・デイ・ガンは ノエル・カワードの“Mad Dogs and Englishmen”という歌で有名です。毎日正午に大砲は発射されます。ジャーディン・マイセン商会の社長が港に戻ってきた際、祝砲を撃つのが伝統となっていましたが、ある日英国海軍将官がこの伝統を知らず、罰則として香港の時砲として正午に打つように命令したというのが始まりと言われています。
車で5分
HSBC Main Building
香港上海銀行・香港本店ビル
香港本店ビルは高層ビルとしては初めて吊り構造を採用した建物です。イギリスの建築家、ノーマン・フォスターによって設計されたハイテク建築である香港本店ビルは、驚くべき近代建築デザインが取り入れられています。この建物は世界的に見ても莫大な建設費が投入されているビルで、10億USドル近くがかかっています。紙幣にも描かれている1935年にビルの正門に置かれた一対の銅製の獅子像は幸運をもたらすと言われています。
車で10分
Hong Kong Central Library
香港中央図書館
2001年5月から香港中央図書館は香港で最大の図書館となりました。コーズウェイベイに位置し、12階建てで様々な設備やサービスを提供しています。観光客に有名な観光地の一つです。
車で10分
The Legislative Council Building
香港立法會大樓
セントラルで1912年に完成した香港立法會大樓は1984年に歴史的建造物とされ、現在使用されているものに改築された1985年までは最高裁判所として使用されていました。建物の最高の特色は屋根の中心にある三角形の部分にたたずむ目隠しをし、右手に公正を表す天秤、左手に権力を表す剣を持ったテミス像です。
車で10分
St. John's Cathedral
セント・ジョンズ教会
キリスト教は香港人の生活にとって、いつも重要な役割を持っています。セント・ジョンズ教会は現在香港で残っている西洋建築で一番古い建築物であり、英国国教会の教会としては東アジアで最古のものと考えられています。13世紀のイギリスのゴシック式建築を模し、1849年に完成しました。
車で10分
Tin Hau Temple
天后廟(ティンハウミュウ)
この寺院は18世紀初期頃、Tai一家によって建設されました。彼らはコーズウェイベイに草を集めに行った際、海岸で観音像を見つけました。そこで、その像のための囲いを建てた所、人気が出たため、地元住民の寄付により、寺院へと建て替えられました。
車で10分

 

Golden Bauhinia Square
金紫荊広場
金紫荊広場は香港コンベンション&エキシビジョンセンターの北側に位置しており、香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたバウヒニアの花(紫荊花)の像が置かれています。
車で5分
The Peak
ザ・ピーク
ピークトラムは1888年にピークに住むイギリス人のために作られたという歴史の古いケーブルカーですが、距離にして約1.4キロ、標高差373メートル(約1200フィート)を約10分ほどで繋いでいます。山を登っていく急勾配の斜度がかなり険しく、体感してみないとわからない乗り心地が堪能できます!
車で10分(セントラルからのピークトラムを利用)
Flagstaff House Museum of Tea Ware
茶具文物館
1846年に建設され、元々はイギリス軍総司令官邸として使用されていましたが。現在は香港のもっとも古い西洋式建築物です。この白く、美しい建物は歴史的建造物として保護されています。香港のコレクターであるDr. K.S.Loが個人コレクションだった華麗な東洋の茶具を政府に寄贈したため、茶具文物館が誕生しました。
車で10分
Dried Seafood Street
海味街
上環にある海味街(徳輔道西)と薬材街(高陞街)では香港独特の体験ができます。この上環西エリアでは、ずらりと並んだ魅力的な乾燥海産物や漢方薬を、独特な香りと共に楽しむことができます。
車で12分
Government House
香港礼賓府(ガバメントハウス)
ミッドレベルに位置し、1851年から1855年に建設された長い歴史を持つ香港礼賓府(ガバメントハウス)。香港の行政長官の執務室がある建物です。香港がイギリス植民地であった時代から今に至るまで、海外からの重要なお客様の宿泊施設として、また、国の式典などにも使われる建物です。敷地内には、つつじやシャクナゲなど様々な種類の植物が育てられており、年に数回一般開放もされています。
車で8分
Noon Day Gun
ヌーン・デイ・ガン
コーズウェイベイの海沿いにあるヌーン・デイ・ガンは ノエル・カワードの“Mad Dogs and Englishmen”という歌で有名です。毎日正午に大砲は発射されます。ジャーディン・マイセン商会の社長が港に戻ってきた際、祝砲を撃つのが伝統となっていましたが、ある日英国海軍将官がこの伝統を知らず、罰則として香港の時砲として正午に打つように命令したというのが始まりと言われています。
車で5分
HSBC Main Building
香港上海銀行・香港本店ビル
香港本店ビルは高層ビルとしては初めて吊り構造を採用した建物です。イギリスの建築家、ノーマン・フォスターによって設計されたハイテク建築である香港本店ビルは、驚くべき近代建築デザインが取り入れられています。この建物は世界的に見ても莫大な建設費が投入されているビルで、10億USドル近くがかかっています。紙幣にも描かれている1935年にビルの正門に置かれた一対の銅製の獅子像は幸運をもたらすと言われています。
車で10分
Hong Kong Central Library
香港中央図書館
2001年5月から香港中央図書館は香港で最大の図書館となりました。コーズウェイベイに位置し、12階建てで様々な設備やサービスを提供しています。観光客に有名な観光地の一つです。
車で10分
The Legislative Council Building
香港立法會大樓
セントラルで1912年に完成した香港立法會大樓は1984年に歴史的建造物とされ、現在使用されているものに改築された1985年までは最高裁判所として使用されていました。建物の最高の特色は屋根の中心にある三角形の部分にたたずむ目隠しをし、右手に公正を表す天秤、左手に権力を表す剣を持ったテミス像です。
車で10分
St. John's Cathedral
セント・ジョンズ教会
キリスト教は香港人の生活にとって、いつも重要な役割を持っています。セント・ジョンズ教会は現在香港で残っている西洋建築で一番古い建築物であり、英国国教会の教会としては東アジアで最古のものと考えられています。13世紀のイギリスのゴシック式建築を模し、1849年に完成しました。
車で10分
Tin Hau Temple
天后廟(ティンハウミュウ)
この寺院は18世紀初期頃、Tai一家によって建設されました。彼らはコーズウェイベイに草を集めに行った際、海岸で観音像を見つけました。そこで、その像のための囲いを建てた所、人気が出たため、地元住民の寄付により、寺院へと建て替えられました。
車で10分

 

Arrival Date Departure Date
   
Number of nights: n/a
Rooms Adults
Corporate/Promotional Code(optional)